居宅介護支援事業所 

居宅介護支援事業所とは...

居宅介護支援事業所とは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネージャー)が、いる事業所です。介護に関する相談やお悩みなどをご利用者様とご家族様から伺い、専門的な観点から対応し、介護サービスを受けるために必要な【要介護認定】の申請代行や居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成するなど介護保険サービスを受ける際に窓口業務となるのが、居宅介護支援事業所です。

 

 

主な事業内容

①要介護認定申請の代行及びその他、介護保険に関わる手続きの代行業務

②居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成

③在宅での身体介護や生活援助等に関する相談

④介護サービス提供事業者との連絡及び調整

 

・介護支援専門員(ケアマネージャー)は、介護保険法に基づく専門的な資格です。

 5年以上の実務経験があり、介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、都道府県に登録され、介護

 支援専門員証の交付を受けた者をいいます。

 介護支援専門員は、保健/医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とした介護保険制度の理念を

 実現させるための重要な役割を担っています。

 

居宅介護支援事業所 介護屋本舗

何でもご相談ください!心よりお待ちしております。

 

居宅介護支援事業所 介護屋本舗

介護支援専門員/管理者 平原 典子

 

 「介護サービスってどうしたら受けられるの?」「介護保険の申請や手続きが分からない....?」などなど............そんな介護に関するお悩みを解決します。ご利用者様とご家族のご希望をお聞かせいただき、適切な介護サービスをご提案させて頂きます。住み慣れたご自宅や地域でいつまでも安心して過ごせる様に『その人らしく幸せに生きる!』ためのお手伝いをさせて頂きます。先ずは、何なりとご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。